日常あれこれ(DVD「哭声/コクソン」編★)

旅メモとか諸々

ハッピーエンドが好きなんだな、わたし…

ゴールデンウィーク中に借りた『新感染』の感想サイトをあちこちしている時に、目に入った映画『哭声/コクソン』。
國村隼さん、日本の渋い役者さんが韓国映画に出ていらっしゃる。気になる…ってことで、レンタルしてまいりました。

観終わった後、二日間ぐらい真面目に考えた
『哭声/コクソン』

『新感染』を観たノリで、怖そうだけど、ゾンビものなのか、アウトブレイク的な感染ものなのかなーと安直に考えて、前情報ほとんどなし。

あ。一つだけ、結構グロそう…というイヌダー氏情報は貰ったので、どんなえぐいシーンがきても良いように気持ちをしっかりもって鑑賞に臨みました。

哭声/コクソン

 

吹き替え版。

日本人の「國村隼」さんは日本人役で出演してます(役名は不明…)
ご本人の演技部分(日本語でお話する部分)は吹き替えされることなくそのまま。韓国語と日本語で疎通ができないシーンとかちょっと違和感があったんですけれども。

それよりも内容の方がインパクトあったので、吹き替えとか、字幕とか些末な問題。

そうね、以前、映画館で観賞した「キングコング~髑髏島の巨人~」で、主役の俳優さんの吹き替えをがっくん(GACKTさん)が担当して、もちょい渋い声がよかったなぁ…とか気になったけれども~キングコングが出て来たら、その世界観にどーでもよくなったってぐらい、な感じ(わかりにくい例えだな…)

 

ドラマでお見かけしたことがある韓国の女優さん(お母さん役の方)も出ていて、前半安心するわ~とかおもったけど、内容はまーそうね…

血で塗られていたよね…\(^o^)/

 

▽『哭声/コクソン』の予告動画

 

 

 

 

 

 

 

キャッチコピーは

 

 

 

 

 

疑え。惑わされるな。

 

 

 

 

 

 

もう、そのコピー、納得。

惑わされるっていうか、いろいろ疑うわーーーーー!!

結果はどうなの?!教えておしえて~~~~だれか~~~って見終わった後に思った一本になりました。

 

 

 

 

ストーリーとかあらすじはDVDとか観ていただくとして、気になったところを~(いつも以上にまとまらない、かなり混乱しててとっ散らかってますw)

ネタバレも多少含みますので、気になる方はこちらでブラウザバックください。

 

めっちゃもやもやして、なんでなの、なになに?っていういぬまるの気持ちが多いのですけれども…GWに観た「スイス・アーミー・マン(その時のエントリー記事はこちら★)」よりも、ハテナマークが飛び交う映画でした…

 

 

 

とりあえず、言いたいのは、

 

 

いろんなものに伏線的なアレコレについて、
答えはないってことで、ファイナルアンサー?

 

 

 

健康被害の出ているキノコを食べて、幻想が見えて、発症者の家族とか近くにいる人たちを襲ったのかなっておもうけど。
亡くなったと思った人がゾンビみたいにいて、人を襲って頭を割られたけど、動いてたりするわけで、それも主役が見た幻覚だったのかしら…

 

よそ者が怪しいっていう情報に、日本からきていた国村準さんが悪魔みたいに仕立てられて、でも、一報で守護者のようにも思えるし…

最終的には、國村隼さんは鬼になったけれど、それは神父さん見習い君の見た、夢なのかしら…

祈祷師はなんで、写真持ってたのかとか、白い女性は誰だったのか、とか。家に掛かってた草花はなんだったのか、とかとかとかとか。
自分の中でうまいこと解釈が見つからず、最終的に夢にまで出てきました。
二日間…夢見が悪かった~~~~~TT

 

グロさは個人的には、大したことがなかったけど(むしろ、「新感染」とかもう一枚、一緒に貸りてきた「ロンドン簿ゾンビ紀行」の方がグロテスクだった)人間の疑うとどこまでも黒く見える心理がもうどんどん掘り下げられていく感じで、ひたすら立ってしまった鳥肌をこすって温めておりました。

 

あとは、おそらく村人の妄想なのかな、とおもうけど。
国村準さんがおむつみたいな下着以外は裸で、四つん這いになって鹿を食べるっていうシーンが「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムみたいになっててちょっと笑うの巻。

怖かったり、なんだろう???って思うことが多い中、ちょっとした笑いもあったり、あれこれ、このキャラクターが悪魔のか、とかこの人はどうなんだとか、っていう誰かに答を乞う感じの疑問がたくさん残った映画でした。

 

個人的には、俳優さん、子役の女の子の演技が素晴らしかった。国
村準さんは、日本のドラマ映画でみる安定の感じで、俳優さんってすごいな、って思った次第。

 

いろんな解釈があってでもどれも答えを教えてくれるわけじゃなくて、自分の解釈でいいだな、っておもったんだけれども。伏線とかたくさんで、風呂敷が広がったけど、そのまま回収されないのが、もやもや…もやもやするーーーーーーーー

 

 

最終的に出した答え。

 

映画は、ハッピーエンドが好きなんだな、私…

 

(今更!?)

 

 

己メモとして残します。
次はハッピーエンドを観よう!!!

待ってて、ピーターラビット!!
もう一つ直近で観たいと思うものができました。週末は映画館へゴー!!

▽映画『ランペイジ 巨獣大乱闘 』

 

【追加】ランペイジ観たので感想はこちら↓

 

お付き合いありがとうございました~★

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

コメント