日常あれこれ(DVD「スイス・アーミー・マン」編★)

ラドクリフ君の新しい世界を(お尻も)観た

ゴールデンウィーク少しお休みできるので、DVDまとめ観!
そのうち3本、記憶に残った順に、記事エントリー―――――ッ!!!

えーっとなにがこうなってこうなるの?
混乱が巻き起る…(いぬまる的に)『スイス・アーミー・マン』

ハリーポッターのラドクリフ君が出てる映画と知らず、TSUTAYAに並ぶパッケージの印象が強くてレンタルした一枚。

吹き替え版で鑑賞。
ラドクリフ君役の声優さんはハリーポッターと同じ声の方。
そして相手役は、平川さんでした(平川さんもいいお声ですよねぇ…BLCDでは右側の役が多い方です!色っぽい……)

▽スイス・アーミー・マン予告

キャッチコピーは

世界が絶賛した奇想天外な青春・サバイバル・アドベンチャー!

でいいのかな?
(むしろ、こっち??)

君となら、きっと生きて帰れるーーーーー

どっちでもいっか…

ストーリーはDVDとか観ていただくとして、所感をば~
ネタバレも多少、含みます故、気になる方はここでブラウザバックくださいmm

まず、観終わった後の感想。

「!? !?  ………   ????????」

うん。アニメ「ポプテピピック」の第一話を観た終わったあとと同じ。
頭の上にクエスチョンマークがたくさん、浮かんだ映画でございました。

主役の子が、無人島から脱出した方法から、ハテナは始まったよね…。

ラドクリフ君が演じた死体(メニ―)のお尻から出ているオナラ…いえ、ガスが噴出してて、メニ―をボートみたいにして脱出したっていう。

その時にラドクリフくんのお尻を観れるシーンがあるんですけれども。
想像以上に

お毛がボーボーだった…!!
(もちろんお尻ね。股間じゃないよ)

勇気(弱さもあるけど)を持って「あの人」に立ち向かったハリーが!!
お尻、毛がボーボー…!!

ちょっと動揺したよねw

ラドクリフ君が演じたお話できる死体くん(メニ―)、映画進んでくにつれて、若干オカシイ主人公(ハンク)と一緒にいることで、いろいろハンクが世界の理を教えて、人らしくなってきます。顔色も表情もちょっとよくなってるような、気がする…

(画像、公式HPからお借りしました)

メニ―の機能はオナラだけじゃなくて…お話もできるっていう。オールマイティで水は出るわ、シャワーできるわ髭剃りもできるし…いやいや万能…!!

ハッ!(゚ロ゚;)

いろんなことができるから、

メニ―(many)

なのかしら??(いや、違うかもしれないけど、それにもかかっててもおかしくないって思うぐらい、不思議な映画なのです)

ちなみに、アーミーマンっていうのは、イヌダー氏が調べてたところによると、たくさんの機能を兼ね備えたアーミーナイフの人版だから、アーミーマンっていうらしいです。なるほど~~!!

公式サイト調べたら、キーワード(metaタグ)の中に、

BLとかボーイズラブ

っていうキーワードあって噴いたよね。

うん。確かに、二人の間にはラブがあったとおもう。
川のなかのチューシーンとか(王家の紋章のメンフィスを思い出す…)
熊との戦いシーンとか…(もう笑っちゃったけどw)
メニ―とハンクの関係が淡い恋みたいな気持ちを漂わせたりして(ハンクが女装がんばったりするしね)そこだけ切り出したら、きゅんとするBLです。うん。
ハンクを残してメニ―は再び海へ出航しちゃったけど…

最後の方。ハンクには病気があるのかしらーとおもいつつも、メニ―のオナラボート姿にみんな唖然としてたし、うん。どっこいどっこいだな、と。

ラドクリフ君の股間が、ビニ本みて反応するわけなんですけど(それが故郷へのコンパスになるわけなんですけどっていう件も不思議すぎる…)、そこだけ生き物のようで笑ったよね…ズボンからネズミが出てきて…っていう落ちじゃなくて、死体の股間のもっこり。

ハリーが大人に!!!(いや最終的には子供もいるけどさー)

ストーリーに感動は全くできなかったんですけれども~~~
ラドクリフ君の映画ハリー以外で初めて見て、ぶっとんでて、感動しちゃった。

ラドクリフ君の新しい世界に乾杯ッ!

いぬまる的、新しい世界に乾杯で賞の映画でした。

▽日本の公式サイト

▽海外の公式サイト
メニ―と遊べるぞッ★

お付き合いありがとうございました~★

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)