【日本に帰国直後、スマホ紛失orn】スマホの探し方~羽田空港&金浦空港編~

こんばんわんこー!いぬまるです。

今月の韓国旅行に備えて、去年の韓国旅を振り返りしようと、自分の旅メモ見返してました。
楽しい思い出たくさん!なんですが、やっぱり最後の最後でやらかしてしまった

携帯紛失事件のインパクトが大きかった

もしかしたらまたやらかすかも。
いや絶対に二度とは繰り返さないつもりだけど、戒めのためにも。
そして、同じことが来ちゃった誰かのヒントになればいいかな~と思ったりした次第。

なので、今日のエントリーは、ちょっといつもと趣向を変えて…

韓国金浦空港から日本羽田空港に帰国した直後、
どっかにスマートフォン忘れた!なくなっちゃった!!ってなった時
に、
対応したことを振り返りたいと思います。

紛失した時の日記はこのブログ記事2016年9月親友との韓国二人旅その九(ようやく韓国旅記録完結編!) 後半にあります。。。

始まりは、帰国で降り立った羽田空港ロビーから…

チョルチンNとの楽しい韓国二人旅は2016年の9月。
そして、うきうき気分で、ソウル(金浦空港)から日本(羽田空港)へカムバックしてきた直後。
飛行機が羽田空港に着陸したのは夕方っていうかほぼ夜の到着でした。19時過ぎだったかな…

アシアナ航空の飛行機のタラップを降りて、羽田空港のロビーについた時でした。
スマホの電源を入れよう!とあちこちしたところ。

ん?(ポッケ部分探る)

…んん?(洋服あちこちパタパタ叩く)

ないぞ!!

スマホを使った最後の記憶…。
韓国で搭乗するアシアナ航空の飛行機を前、出国手続きが終わった金浦空港のロビーで、日本の家族にこれから帰るよコール(ライン)をしたまで。

そして、確かポッケか荷物にスマホ入れた。
…はず…?(この辺から記憶があいまい

手にしていたカバンとかポッケとか探したけど、
私のスマートフォンはありませんでした。

さーっと青ざめたイヌマル。

まず初動でしたこと。

飛行機の中に置き忘れちゃったかも!ということで。

搭乗していた飛行機のアシアナ航空のスタッフさんが出てくるのを待って、
機内に忘れ物がないか、確認をお願いしました。
座席番号と、スマホの形状(Android、メーカー、色)をお伝えして

待つこと10分ほど…。

あるかな、っておもったんですが、

なかったー!!
うぉう…TT

置き忘れかも、落し物かも、個人情報…やばいやばい…
すごいやばい。やらかしちゃったかも…
いろいろ頭の中を巡ります…

状況把握。そして確認作業開始。

機内で発見できない私のスマートフォン(Android、銀色のXperia)くん。
でも帰国したからには、入国手続きが必要になるわけで。まずは、空港ロビーから入国審査エリアへ。

あちこち確認:当日編

半泣状態…。でも起きてることは仕方がない。
いろいろあちこちやれることやり始めます。

自分のスマホにコールしてもらう

日本国内だったら、スマホ本体の電源が電話をかけると呼び出し音が鳴って、呼び出し音がしたり、落としていたとしても、誰かが気付いてくれるかも、なんですが…。

今回は海外(ソウル)から戻ってきたタイミング。

海外だとインターネット接続をしたら通信料が高くなってしまうので、使用しているキャリア(DOCOMO)のデータローミングは使用せず、海外用のWifiルーターを借りていたイヌマル。
そうなると、機内モードでwifiをつないでいるわけで…

電源が入っていたとしても、電話のコール音は鳴らないのです!

でしたでした。
そうでしたorn

機内モードにしてたら、電話はつながないから、気を付けて!!

冷静に考えたらそうなんだけどね…
つい電話しちゃうよね…

航空会社さんに確認をお願いする

次に、飛行機から搬出されるスーツケースを待ちながら、
スタッフさん(グランドホステスさん)に相談

いぬまるが乗ってきた金浦空港~羽田空港の飛行機は、アシアナ航空とANAの共同便だったので、どちらも確認いただいたのですが、その時点でも該当のスマホはありませんでした…orn

機内にお掃除が入るので、その時に該当と思われるスマートフォンが出てきたら連絡をいただけるとのこと。

必死の形相で名前と連絡先をお伝えしました(グランドホステスさんは優しい笑みでしっかりとヒアリングしてくださいました)

お願いでてきて…!!必死の祈り…(T人T)

羽田空港インフォメーションさんに確認をお願いする

そして、入国ロビーのスタッフさんからいただいた「落し物で届いてるかもしれません」とアドバイスをいただき。

次に向かったのは。

羽田空港国際ターミナルのインフォメーション(案内カウンター)。

http://www.haneda-airport.jp/inter/img/premises/service/Information2Fjp.gif
モノレールと京葉線に乗って帰れる…っていう手前。
円いカウンターの中に座っているお二人の美人さん。

そこで事情説明をして受付スタッフさんが、
いろいろな場所へ電話をしてお問合せいただいたのですが…ここでも見つからーず。

途方にくれるイヌマル…
そして、いただいたのは一枚のメモ

遺失物問い合わせの連絡先一覧」が記されています。

それをいただいて、いぬまるとチョルチンNは案内カウンターを後にしました…

あとでネット検索をしたところ、羽田空港国際線旅客ターミナルのホームページにも連絡先が書かれているのを発見。

羽田空港国際線旅客ターミナル:落とし物について
空港内で落とし物をされた場合、落とされた場所によりお問い合わせ先が異なります。
落とした場所が特定できない場合や、その他お困りの場合などは、東京国際空港ターミナル インフォメーション(TEL:03-6428-0888)まで、ご相談ください。

【入国手続き前】
東京税関 羽田税関支署 監視総括部門 050-5533-6931

【入国手続き後(一般エリア)】
東京国際空港ターミナル インフォメーション
TEL:03-6428-0888
FAX:03-6428-0889(24時間対応

引用:羽田空港国際線旅客ターミナル

このホームページには、「遺失届登録」フォームも用意されていました。
遺失届(落とし物をした届け出)受け付けフォーム

ちなみに。いぬまる初めて知ったのですが。

「入国手続き」の前と後では、管轄が違うので連絡先が異なります

入国前は税関だし、入国後はインフォメーションセンターです。

あちこち確認:当日夜~翌日編

どこかに消えてしまったスマホ。
もしかしたら、誰かの手に渡ってお届けいただけるかもしれないスマホ。

でも。もしかしたら、お届けされないかも。
パスワードロックかかってるけど、悪用されちゃうかも…
ということで。

次にすることは、速やかにスマホの回線をストップすることでした。

スマホ回線ストップ

実は紛失しちゃったスマートフォン。
イヌマル個人の契約ではないスマホだったため、羽田空港のロビーから、すぐに。
しかるべき場所へ連絡を行い、回線止めていただきました…

契約していたキャリアはドコモさん。

■ドコモ:盗難・紛失したときは

利用中断する前に、見失った端末の位置検索やロック操作を依頼することも可能です。

いぬまるのGPS対応していたのでドコモさんに観てもらったけど…前述のとおり、海外(韓国)にいたので、韓国(金浦空港)に反応がありました…

機内モードじゃなかったら、初期化とかSDカード内データ消去もできたのに…
つくづく海外での電話使用は気を付けないと、と思った次第…orn

ドコモさん以外のキャリアも折角なので、ご紹介。
ソフトバンクさんでも、AUさんでも位置検索とかロックはしてくれるようです。

■ソフバン:紛失・盗難にあったとき
■AU:盗難・紛失でお困りのとき

そして電話回線、無事クローズ

そしてイヌマルのスマホ探索が始まった:翌日、翌々日…1週間

チョルチンNにも迷惑をかけて夜を過ごし…翌日から、あちこちに確認を始めました。

国内をコール・コール・コール!!

「あったらご連絡します」と言っていただいているところ(航空会社さんとか)気になって仕方がない…。そんなわけでイヌマル、3日間ほぼ毎日、朝と夜。電話して確認しました…

電話したのはこちら…(インフォメーションでいただいたメモめちゃくちゃ助かりました)

・東京国際空港ターミナル インフォメーション(03-6428-0888)
・東京税関 羽田税関支署 監視総括部門(050-5533-6931)
・アシアナ航空(羽田)03-6428-0063
・羽田空港を管轄の警察の忘れ物が届くところ(電話番号忘れてしまった…)

そしてそれでもスマートフォンは見つからず…どこにいるの、私のスマートフォン!

海外(金浦空港)へコール!!

国内じゃないかもしれない…もしかしたら、ポケットとか荷物から落としちゃったのかもしれない。
紛失発覚したのが夕方~夜だったので、翌日、意を決してコールしたのは…

金浦空港!!です。

ちなみに、いぬまる。
韓国語はまったく話せません。
英語もほぼほぼ話せない。

でも、スマホは金浦空港にあるかもしれない…!
相手も人間、そして空港スタッフさんならいろんな国の人が行き交うし、なんとかなるに違いない…ッ!と国際電話することにしました。

ネットを調べるとコネストさんに遺失物関連の記事(コネスト:旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪))を発見。記事の中にあった「日本語可能!」の文字!!
希望の光が見えたーッ!!

コネストさんの記事に書かれていたのは

・金浦(キンポ)国際空港遺失物申告センター:02-2660-4097(日本語可)

ですが。掲載している番号は、そのままにコールすることができない罠。
(韓国の国内なら上記番号でOKのはず)

ただ、帰国しちゃっているいぬまるは日本にいるので、韓国へは国際電話。
国番号を付けて国際電話はコールしないといけないのです。

そんなわけで韓国の国番号を調べて、「0」を削ってコールするの巻。

金浦国際空港遺失物センターへ日本からのコールは、
「+82-2-2660-4097」
です(2017年10月時点)

そして、つながった時に発した、イヌマルの、なんちゃってイングリッシュ。

プリーズ、ジャパニーズ ランゲージ!
アイ キャント スピーク、イングリッシュ、アンド コリア。
プリーズ、ジャパニーズ…!

単語だけど、言いたいことはなんとか伝わったのか。
電話の向こう、受けてくれた空港スタッフさんが、日本語ができる方に変わってくれました。

そして、私のスマートフォンの形状と日時をお伝えしたのですが。
やはり届いてませんでした……TT
(台帳管理をしているいるのか、パラパラと冊子をめくる音が受話器の向こうからきこえました…)

結局、ここでも私のスマートフォンは見つかりませんでした…。

電話以確認方法

あちこち電話して確認したんですが、担当部署には営業時間というものがあります。
なので、隙間時間にできること…。

ネットで検索しました。

よく確認していたサイトをご紹介です。

アシアナ航空:遺失物検索

アシアナ航空さん、落し物について、ネット検索できます!!画期的!!

アシアナ航空:遺失物検索

発見された日時、飛行機の便名、座席番号、遺失物(cellとかphoneとか単語入れて調べました)で検索できました。一部写真も乗ってます。
サイトのイメージはこんな。

警視庁:落し物検索

そして、日本の警視庁でも「 落し物検索しすてむ」発見

誰かが空港以外で落し物を預けてくれているかも…と一抹の望みをかけて!!

こんなイメージ。警視庁の落し物検索はこちら。

グーグルアカウントを使って確認

そして、キャリアで回線を止めちゃったあとでも。

グーグルアカウントにログインしてあれば、スマホの位置確認ができるのです。

その機能を発動させるには、いろいろ(下みたいな)条件がありますが、やってみる価値あります。

・Android端末である
・電源がオンになっている
・Google アカウントにログインしている
・モバイルデータ ネットワークまたは Wi-Fi に接続している
・位置情報がオンになっている
・「端末を探す」がオンになっている

紛失した Android 搭載端末の位置の特定、ロック、データ消去を行う(byグーグル)

このサービスを使えば、紛失している自分のスマホの音を鳴らしたり、自分のスマホへメッセージを送ることも可能。

音を鳴らせば、誰かが気付いたり、メッセージを読んだりして、届けてくれるかも!

そして、私はAndroidユーザなので試してないんですが。
iPhoneの場合は、「「iPhoneを探す」機能の概要」の手順でいけそうな気がします。

ちなみに、このグーグルのサービスを使用して探してみたスマホ。
最後にラインした金浦空港のままでした…
音を鳴らしたり、メッセージも定期的にやってみたけど、反応は変わらず。

一か月ぐらい頑張ったけど、見つからず…
結局新しいスマホを使うことになりましたorn

うう痛い…
次のスマートフォンは、絶対なくさないぞ!!

モシモに備えて…

そして、スマホがなくなって、一番やばいな、と思ったのは、クレジットカード情報です。

スマホ本体にメモで残すなんてことはしてないけど、アマゾンとか、ヤフーとか、クレカ情報と連携しているサービスをいくつか使っていて、ログアウトは毎回してなかったんですよね…。
そうなると、誰かがスマホを拾って、悪用されたとき泣くに泣けないわけです。

なので。

紛失した時はすぐにアカウントのパスワードを変更すべし!

これ重要。本当に重要。自分のスマホじゃなくても、PCからでもできるので…できるだけ早く変更すべし!

そして、今回のような事態に備えて、
画面ロックを複雑なパスでかけるべき

いぬまるは、画面ロックはしていましたが、複雑なものではなかったのです。
幸い、悪用されている感じは一年経って何もないのですが、守るためには複雑なものがよいです(9つの点をなぞる画面ロックかけてたんですが、L字とか逆L字とかはだめだとおもう、すぐにわかっちゃうから…)

あとあと最後に思ったのが、海外旅行傷害保険に入るってこと…
毎回、海外旅行に行くのに保険へ入るのはお金もかかるけど、いぬまるがずっと愛用しているエポスカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯しているっていう素晴らしいカードでした!
前回の紛失ではすっかり忘れてたんですが、海外旅行の時の携帯品の紛失も保証がついてました…でも一年も前のことだから、時効だろうな…

そんなわけで!

羽田空港に海外から戻ってきたときに、スマートフォンをなくした時に対応したときの振り返りでした(文字ばっかりで申し訳ない)

私のスマホは結局、見つからなかったんですが、このエントリー記事で、
誰かのハッピーにつながるといいなぁ…。

最後に楽しい旅も、いぬまるみたいにスマホ紛失だと悲しい思い出が残ってしまうので。
楽しい旅は、お家に帰るまでが旅なので!!

次は自分の備忘録として旅日記に戻る予定です。
先月、長野の戸隠神社とか善光寺を旅してきたので、その辺を振り返りたいと思います~

お付き合いありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)