お出かけ(映画『キングコング』)

おはくまー!いぬまるです。

春!とおもいきや、やっぱり寒の戻りがありますねぇ…
桜の花も、満開まではまだもう少しかかりそうです。
個人的には卒業式よりも入学式に桜があるといいな、と思う派です。

この前(25~26日)にテレビ朝日で、すごいミステリードラマを見て興奮しました。
アガサ・クリスティ原作を日本版に解釈して作られたドラマです。

そして、誰もいなくなった(テレビ朝日)

どの人も犯人に見えるし、演出も凝っている印象を受けました。
そして、出演されている方も名優さんばかり!
2夜連続で安心して、家族と一緒にどういうこと?!誰が犯人?!なんてワイワイしながら、観ることができました。
渡瀬さん、ご冥福をお祈りいたします…この作品を拝見できて幸せものだなとおもいました。
ちなみに、二夜目の事件解決部分で出演されている刑事役の沢村さん、ピンクな映像が好きなイメージがありますが、今回はまた強烈なインパクトの役どころでした。

個人的にはやはり、一夜目と二夜目の前半、そして後半に向けての渡瀬さんの役どころが注目です。あと、ドクター役の余さんも是非注目いただきたい。
録画してなかったのが悔やまれる…
また再放送されるときは、録画をして犯人が分かったうえで、最初からドラマ鑑賞したいと思います。

そんなこんなで。
四国旅の振り返りする前に、映画に行ってきたので備忘録。

キングコング~髑髏島の巨神~

観てきたのは、こちら!

「人類よ、立ち向かうな」

うん。

わたしだったら、絶対、立ち向かわないよ…!

はい。25日に公開された「キングコング:髑髏島の巨神」です!
予告はこちら。

もう一種類(2D日本語吹き替え版のポスター)はこちら!
サイトのビジュアルと同じやつ。これに全部要素がぎゅぎゅぎゅーっと詰め込まれておりました!

4DXで鑑賞。字幕が軒並み売り切れだったので、日本語吹き替え版で楽しんできました。

ガッくんが主役の傭兵役の声で、最初違和感があったけれど、髑髏島にみんなが入ったあたり、キングコングが出てきたあたりからの圧倒的な映像に、違和感とか、吹き替えとかもうどこかに吹っ飛びました。そういう次元じゃない。

キングコング、ものすごい迫力でした。
4DXだったせいもあり、臨場感あふれる振動(とか水とか風とか煙とか、後ろ座席のガツガツ攻撃だとか)心臓が飛び出るかと何度思ったことか…
そして、想像できる展開に何度目をつぶったことか…ッ!
いやぁ…すごかったです。
いぬまるのなかで、フラグが立ってたの、全部回収してくれたので、満足です。

エンドロール終わってからの、数分もあるので、席は立たずに観ていただきたい。
ヤマタノオロチがいたねぇ…ってイヌダーくんにいったら、あれはキングギドラという怪獣だったらしい…。続編も決まっているようなので、次も絶対行きます。

というか。みんな気になったとおもうのですけれども。
エヴァの使徒っぽいものが、おります!!
ポスターにも載っております。

ジュラシックパーク(ジュラシックワールド)にも似てますが(翼竜みたいなのもいたし)でもまた、ちょっと違う怖さがありました。
キングコングを倒す映画なのかとおもいきや、そんな単純なものではありませんでした。

ちなみに「キングコング」といえば、いぬまぬのなかでは、鎖を絡めたキングコングがニューヨークで大暴れして、ヒロインの女の子と心を通わせたり、その女の子を手で握ってぶんぶん振り回しているイメージがあったのですが。それも一部踏襲してます。そして、カメラマンのヒロインの女の子が、めちゃくちゃかっこよかったです。

どきどきはらはらな映画なのですが、途中、イヌマル的にほっこりシーンもあったり。牛くん、可愛いかったですッ!
もう一回ぐらい行ってもいいかな、と思った次第です。

次は、映画「美女と野獣」に行く予定なのです。エマワトソンちゃんの可愛さににやにやする予定です。野獣、変身した後のイケメン姿も楽しみ…ッ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)