お出かけ(家康公が勝利祈願した神田明神さん詣)

関東お出かけ

長い年末年始のお休みを終えて都内に戻り、いぬだーくんと初詣。
今年は3日に神田明神さんへお伺いさせていただきました!

神田明神さんは3日も大混雑!

商売繁盛・縁結びの神様として有名な「神田明神」さん。
基礎知識はこちらのエントリーで簡単にまとめてます★

 

<御祭神>

・一ノ宮:大己貴命(おおなむちのみこと)
だいこく様です。縁結びの神さまです。
天平2年(730)ご鎮座ということなので、2018年で1288年、神田にいらっしゃいます。

 

・二ノ宮:少彦名命(すくなひこなのみこと)
えびす様です。商売繁盛の神さまです。医薬健康と開運招福の神様でもあります!


・三ノ宮:平将門命(たいらのまさかどのみこと)

まさかど様。除災厄除の神さまです。

ちょうどアド街ック天国で神田明神下の紹介をしてたので、忘れないうちにメモめも。

・神田明神さんの成り立ち(っていうの?テレビでやってこと、まとめてざくっと)

天平2年(730)に出雲氏族の真神田臣(まかんだおみ)によって今の千代田区大手町に創建されました。

平安時代、横暴な政治を行う朝廷に対して、命懸けで戦った将門公。
打ち首になり、京都でその首がさらされていました。そして、首が飛びあがって空を飛んだんだとか。
その首は神田明神さんがあった千代田区大手町に落ち、関東の人々に救世主とされていた将門さんは、将門塚として奉られました。その後、将門塚周辺で天変地異が頻発したので、神田明神に奉られました。

なので、一の宮だいこく様、二の宮えびす様よりも若い神さまらしいです。

そして、江戸時代。
家康公のブレーン天海によって、江戸城の鬼門封じ。
邪気が入るとされる鬼門・北東の方角には、お寺として寛永寺、裏鬼門には増上寺を置きました。
神社として、神田明神(大手町から現在の神田に移し)、裏鬼門には日枝神社が置かれたんだとか…。

という話を聞くとますます身近に感じます。

結婚式もできるようなので、ちょっと観に行こうかなぁ…w

ご注文はうさぎですか?コラボ

2015年の神田祭では「ラブライブ」とコラボしていた神田明神さん。
2017の神田祭では、「ご注文はうさぎですか?」とコラボされてました。
テレビアニメ『ご注文はうさぎですか?』と『江戸総鎮守 神田明神』のコラボサイト!★

神田明神 ×ご注文はうさぎですか?特設ページ

のぼりがいくつか立ってました。
ポスターも!
(あまりにもブレブレの写真でホラーになったので、画像をHPからお借りしました)

うさぎ頭に乗せてるの可愛いよね★

イザ、参拝

到着したのは夕方、16時半すぎ。
警察車両もあったんですが、入場規制は解除されてました。
参道には、参拝されるお客さんの列が続いています。

ゆっくり一歩ずつ進んできます。隨神門に下げられているおめでたい布地。

中に入ると境内、みっしりの参拝されるみなさまが!
ちらほらコミケの話とかアニメの話とか聞こえてきて、ほっとするオタク人イヌマルw

境内に入って20分ぐらいで、参拝させていただくことができました!

お賽銭箱が、中央部(本殿の階段幅ぐらい)にしかないので、両サイドの方はお賽銭を届けるのが大変そうでした。

神楽殿では、お囃子(神楽?)が演奏されてました。

だいこく様尊像。約30トンの石造りの像、こちらも参拝されるのに長蛇の列ができてました。
(写真は去年お伺いしたときに撮影したもの)

今年は神田祭がないので、来年に楽しみは持越しです~(^-^)
今年もいい年にしよう!!

お付き合いありがとうございました!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

コメント