出かけ(映画『インクレディブル・ファミリー』編)

前作をテレビ放映してくれて有り難い~
インクレディブル・ファミリー

週末、「インクレディブル・ファミリー」観てきました。

前作の「Mr.インクレディブル」の上映は2004年。というと14年前。生まれた子供が中学生になるってぐらい時間が経ってるわけです。

当時、観たはずなんですが、映画観に行く前の日に、テレビでちょうど宣、前作「Mr.インクレディブル」を放映していて、唖然。

当時は20代で、脳みその記憶にはまだ自信があったはずなのに(※今の自分比)あれ??こんなんだった??と驚くの巻。

前作をテレビで観れてよかった!!しっかり復習してから「インクレディブル・ファミリー」お伺いしてきました。

ポケモンとはまた違ったファミリー向け映画。
ハラハラドキドキ、そうなっちゃうの?!そっちなの?!って思いながら、楽しんできた一本。今忘れないうちに、あれこれ振り返りたいとおもいます(*´∇`*)

予告動画・キャッチコピーとストーリー

まずは映画予告の動画~~

▽「インクレディブル・ファミリー」本予告(吹替え版)

映画のキャッチコピーは

火事!


育児!


地球の危機!

そしてストーリー(インクレディブル・ファミリー公式HPより)

 悪と戦い、人々を守ってきたヒーローたち。だが、その驚異的なパワーに非難の声が高まり、彼らはその活動を禁じられていた——。
そんなある日、かつてヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、復活をかけたミッションが舞い込む。だがミッションを任されたのは――なんと妻のヘレンだった!留守を預かることになった伝説の元ヒーロー、ボブは、慣れない家事・育児に悪戦苦闘。しかも、赤ちゃんジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒し・・・。
一方、ミッション遂行中のヘレンは“ある事件”と遭遇する。そこには、全世界を恐怖に陥れる陰謀が!ヘレンの身にも危険が迫る!果たして、ボブたちヒーロー家族と世界の運命は!?

ここから下はネタバレ含んでおりますので、お気を付けを~~。

鑑賞所感

鑑賞したのは日曜の午後の回の吹き替え版。ファミリーが半分ぐらい。お子さんは小学生でも4年生とか?ぐらいの子が多かったです。
ただディズニー映画ってこともあって、デートのカップルも多く、ほぼ満席でした。

前作「Mr.インクレディブル」と同じ声優さん。綾瀬はるかちゃんも娘役で出てます。

前作はお父さんのボブ、今作はお母さんのヘレンがとっても頑張ってます。のびのびのび~~る、ヒーローネーム『イラスティガール』、とってもかっこよかった(o´∀`o)★
吹き替え版の声優さんは黒木瞳さんです。イラスティガールが黒木瞳さんに見えてくるから不思議w

ちなみにイラスティってどういう意味なのかしら…

「Elastic」で弾力のある、伸縮自在って意味があるらしいです。伸びる女子だから、イラスティガールなんだね、って納得です。

ワンピースのルフィもゴムゴムの実を食べて体が伸びるわけなので、英語だと「イラスティ・ボーイ」なのかな~

ちなみに「インクレディブル」の意味は「信じられない」とか「驚くべき」っていう意味があるのです。

個人的に、東方神起スキー(オルペン)な自分としては「インクレディブル」と聞くとジュンスが歌うこちらの曲を思い出します。

▽XIA(JUNSU) Second album ‘Incredible’

大好きなんだもの…この曲。めっちゃライブでノリノリなのです。

閑話休題。

ただお母さんのヒーロスーツ。今回は最初赤くないのです…スポンサーのスーツだったので最初は銀色っぽいやつで、ちょっとそれが不服でした。
もちろん最後には家族おそろいの赤いヒーロースーツに着替えるワケなんですが。

今回一番すごかった末っ子、二男の「ジャック・ジャック」です。前作でパワーを持ってるのがちょろっとわかるわけなんですけれども。今回は遺憾なく発揮してくれます。

あらいぐまとの対決が面白かったw
ちなみにこの映画の中で一番、子供が反応したのがこのあたりのシーンでした。映画館の中にいる子供がほぼ全員反応したんじゃないかとおもいます。このあらいぐま、とんだとばっちりよねw

前回も子供二人がいたからこそ解決されたりしたんですけれども。
今回は子供三人がキーマンで、三人がいたからこそピンチをしのぎ、大団円へ導かれたのでした。

今回のヒール役は、あの人だろうな、っておもったら、違ってて、なるほどそっちかー!って感じでちょっと考えさせられました。最後はヒーロー復活できたし、長女の恋も進むみたいだし、前作の気になるところも回収されて個人的にはとってもスッキリハッピーでした!

次は何を見ようかな~ってところで決まったのが、こちら…


映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
はい。50回目のプロポーズ、そして、勇者ヨシヒコの監督さんの作品です。
イヌダ氏は行く予定だったんですが、私、予告でこのシーン観てみることを決めましたw

土方さんがオタク全開って!坂田氏言うとるがな!!ということで、行くしかないの巻。

なにがあってこうなったのか…土方さぁあああん…!!

おつきあいありがとうございました★

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)