お出かけ(TOHOシネマズ日比谷『超体感シネマ体験★準備』編)

公開が始まった「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジャケット(ベスト)がぶるぶる震えて臨場感たっぷり味わえる超体感シネマへ参戦してきたので、振り返り~!!

まずは超体感シネマってなんぞ?!っていうところから。

ジュマンジが先か、超体感シネマが先か…

そもそも。
ハワイ旅行でお伺いした「クアロアランチ」で撮影したよ~ってガイドさんが教えてくれた
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」。

それなら行くしかないでしょー!

ってことで、イヌダー氏と話をしてたんですけれども。
情報が1つ、飛び込んできました。

先行上映で、SONYさんが開発したすげーベストを着て体感できる「ジュマンジ」が観れる!!

この日なら、予約取れるッぽい!まだ空いてるし!!
代休もあるし!!行くっきゃない!!(表現が非常に古い)

そんなわけで、レッツぶるぶる~~~!!

そもそも「超体感シネマ」ってなに?

席とれたー!!
タイトルからしてすごいよね。

「超体感」

4Dで、3D映像みながら、臭いとか水とか風とかも体験してるその先ってことでしょ?!
なんだろうと…調べたところ。

4D体験のさらに先へ―― 新たな映画体験の幕が開ける!

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、TOHOシネマズ株式会社、ソニー株式会社は、全世界で大ヒット中の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の日本公開に際し、ソニーが研究開発を進めている最先端のテクノロジーを用いた、リアルな触感・振動・衝撃が体感できる「ハプティックベスト」を着用する世界初(※)の映画興行上映「超体感シネマ 『マジジュマンジ』」を実施いたします。

~中略~

エンタテインメントに精通したソニーの最先端テクノロジーであるハプティクス技術(触覚提示技術)を用いた「ハプティックベスト」を着て実現する世界初の映画興行上映に注目が集まることは必至!現在映画館で体験できるフォーマット「MX4D」は座席シートの振動や香り・雨風などを再現する技術がメインとなっていますが、今回の装置は、観客の身体に専用のベストを装着し、映画のシーンや演出に合わせて強弱をつけながら振動や衝撃を与えることで「ものに触れている感覚=触覚」をリアルに再現。その効果は振動パターンや衝撃の強さによって組み合わせは無限大。動物が迫って来る臨場感、手に汗握るアクション感、敵を吹っ飛ばす爽快感など映画で味わえる感覚が文字どおり「体感」できるとだけあって、映画体験を4D体験のさらに次の次元へ連れて行ってくれる最先端の映画上映となります。

(ソニー・ピクチャーズ・プレスリリースより)

最先端テクノロジーで「ものに触れている感覚=触覚」を味わえる…!

触覚提示技術!!ただ振動するだけじゃなかった!!!

繊細な動きとか確かに…スマホのバイブみたいにブルブルするだけじゃなかった!!

SONYさん、すごい!!

世界のソニーさん、さすがッ!!

今はベストだけだけど、今後は上半身、いや全身スーツみたいになってて(それこそゾゾのスーツみたいなかんじでね)全身で体験できちゃう時代がくるかもしれない…っておもうとぞくっと震える…!!

TOHOシネマズ日比谷で体験!

超体感シネマを体験すべく向かったのは、「東京ミッドタウン日比谷」にある「TOHOシネマズ日比谷」さん!

数日前にオープンしたばかり!!まぶしい!!

そして、東京ミッドタウンの通りを挟んで反対側、りりしい、ゴジラ像あります~~!!

ゴジラの、手のポーズを観る度。
毎回、マツダユウサク氏の名言「なんじゃこりゃ~~~~!!」がアテレコされるのはイヌマルだけでしょうか。。。

そして、3月末。東京ミッドタウン日比谷、平日だったのに人が多い~~!!
土地柄もあるんでしょうけれども、紳士淑女が多かったです。大型商業施設でき

そして、TOHOシネマズ日比谷さん。
東京ミッドタウン日比谷に11スクリーン、東京宝塚ビル地下に2スクリーンあります。

入口に上映している映画がどっち建物で上映されるのか書いてあるので、確認してからあがるのが良いかと思います~

今回は東京ミッドタウン日比谷のほうで上映。
だけど、フロアにたどり着くまで導線がわかりにくい…
オープンして三日なので、仕方ないかな~と思いつつ。
これからアップデートに期待!!

(あ。映画を観てきたのは4月2日でした)

TOHOシネマズ日比谷のフロアから見える景色。
お堀の周りの公園が綺麗に見えます~

見晴しよい~~~!!キモチいい~~~~!!

そしてTOHOさんなので。

こちらにも…!!

ゴジラ!!どどーんと!!一体、いらっしゃいます。

このゴジラが最後の一匹だとは思えない。……深い…

煽りでパシャリ!

ひゅ~ひゅ~かっこいいぞぉ!!!!

背後からもパシャリ。

私のように写真を撮っている男性のかたがたくさん!!

超体感シネマ体感費用は1800円★

TOHOシネマズさんの新しい試み。

臨場感あふれる映画鑑賞の代金は…

超体感シネマは1800円★

4Dとかはちょっとお高めの値段なことが普通なのに、超体感シネマは普通の映画代金と同じ金額で観ることができました~有り難い~~~

1つ注意ポイント
4Dとかだとポップコーンとか、冷たい飲み物ものなら持ち込めるだろうと思ったら…
超体感シネマでは持ち込みできません!!!

飲み物、食べ物、一切NGなのでお気をつけて~~!!!

映画館で何か食べながら鑑賞しようと思っていたのでお腹がすいていた我々。
持ち込みNGを知ったのが開場15分ほど前…
慌ててホットドッグを食べて入場しました~

入場の時、番組予告ないがないので開場時間で本編開始されてるので、早く入場してね~ってことでした。

それから、途中退室をできるだけ避けるために、お手洗いはできるだけ済ませて入場くださーいとスタッフさんが何度も繰り返しアテンションされてました。

座席に一人づつ、救命胴着みたいなベストが用意されてます

中に入ると若者が多め!
男子グループが多かったです。

そして。席には1人1つ、用意されているベスト!!

「SONY」の文字が眩しい…!

マジジュマンジのハッシュタグも…!!

この「#マジ」「ジュマンジ」の二つ、マジックテープでついてて、脱着可能になってます。他の映画でも使えるようにしてるんだろうねぇ…。

そして左側にあるのがスイッチボタン!!
そうドリンクホルダーに、スイッチがセットされてます~~~

そりゃ~飲み物とか持ち込めないわーーーーw

納得。

配線も見えてるのでお試しなんでしょうね。

この仕組みは今後の展開も考えてるんでしょうね!

4Dとか大袈裟な仕組みだと映画館側で改修が必要だけど、このベストとスイッチでいけるなら、映画館を改修しないでも済むわけで…画期的ッ!!

っと閑話休題。

そして、このベストを着用して映画に臨むわけなんですが。
上映前に、飛行機のライフジャケット着用を説明するフライアテンダントさんよろしく、映画館のスタッフさんが着用方法とか注意事項を丁寧に説明してくれてます。

ベストは前身頃はジッパーで止めますが、密着感(ゆるさ)はマジックテープで調整可能なので、本編前にみんなで一斉に自分が良さそうな感じで調整してます。

ドリンクホルダーにセットされているスイッチをONにして、イザテスト!!

振動テストが軽くあります。
左上、ちょうど心臓の部分だけトクントクンって一艇のリズムが鳴ってドキッとします。同じ劇場にいた人、ほぼ同時におぉ…って声あげるw

トクントクンが、すごくリアルだったんだけど、今思えば、それが技術なんでしょうな!!

結構、最初のテストで衝撃が強かったので、ゆるめにして準備完了~~~!!!
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルを観終わった後に思ったけど、結構しっかりしておいてもよかったかも~次はきつめにしとこ!

最終的に内容が面白くて、体感もいい感じにドキドキとかアクションで反応があって臨場感が増します。うん。これはよい~~!!!いろんな映画で体感したい!!
ホラーとかもこの超体感シネマ、合いそうだけど…私はホラー苦手なので、遠慮します…
イットとかさ…思い出してドキッとしちゃった…あの赤っぱな!!ペニーワイズめ!!

永くなっちゃったので、映画感想は別のエントリーで★

お付き合いありがとうございました~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

追伸。

桜の花が咲き終わると~地元は大忙し。梨農家なので、桜開花から一週間ほどで満開を迎える梨の花に受粉をするという作業があるのです。毎年3日~4日手伝いに行ってたんですが、今回はタイミングが合わず日帰りでお手伝いしてきました。終わりの方だったので、ちょっと梨の花の盛り過ぎてます~

小学校低学年の甥っ子(十八代目)と姪っ子(保育園年長)もお手伝いw
姪っ子が空を見上げて何を言うのかな~って思えば。

「ドラゴン~~!!」

確かに!!口を上げて空に昇っていく感じに見えるねぇ…(その感性、大事!!)

スポンサーリンク
レクタングル(大)