お出かけ(映画『リメンバ―・ミー』)

リメンバ―・ミー

映画館でちょこちょこ予告が流れていて気になっていた一本にGO!
同時上映で「アナと雪の女王/家族の思い出」もあり充実の二時間半過ごせました!

同時上映「アナと雪の女王/家族の思い出」

今回は、吹き替え版。
映画館は夜20時すぎの上映会だったので、半分までは埋まっておりませんでした。
大人ばっかりで、カップルだけじゃなくて、女の子グループも多め。

まずは「アナと雪の女王/家族の思い出」から。
上映時間は22分★

▽映画中の一曲「When We’re Together」英語版。

ここからざっくりネタバレ。ご注意ください

吹き替え版の二人。相変わらず声がぴったりで心地よかったー
のびのびしてて気持ちがいい。安心して聴けるお二人です。

そして、一番の驚き。

オラフの声優さん。「ピエール瀧」さんだと知って(今更!?)まじか!

みなさん、知ってました???

「ピエール瀧」さんと言えば、あのコハゼヤ(TBSの陸王)をつぶそうとしたアトランティスのヒールでしょ?!もちろん、可愛い一面もあるってことを知ってるけど、「オラフ」!やってるのね!あの愛くるしいオラフを!!スヴェンじゃなくて、オラフを!(大事なことだから二回)

結果。

もっとオラフが愛しくなるの巻。

先日行ってきたディズニーで会ったオラフ。ファンキーなのを思い出してほっこり。

お話的にはオラフが二人のために一生懸命奔走するけど、報われず…(火事になってしまった荷物でちょっと笑ってしまった。そんで、手に入れたものが何もなくなっちゃって、お城に帰りたくないってつぶやきに胸が痛くなります…。

スヴェンのおかげで、アナとエルサがオラフ探し。

最終的にはオラフ万歳!!だったのでほっとしました。ワンピースはここにあったのね!(マンガ違うけど)こういうハートウォーミングな映画、大好きです。

今回も「アナ」と「エルサ」はラブラブでよかったv
ずっとこのまま二人で生活してハッピーエンドを迎えてほしいなぁ…世継ぎとかの問題もあるとおもうけど…!!!やっぱりアナのほうが先に結婚するかしら??
まだしばらくこんな感じで短編もあるのかなーっておもうので、追いかけていきたいと思います。

リメンバ―・ミー

キャッチコピーは

それは、時を越えて家族をつなぐ、奇跡の歌。

ここからざっくりネタバレとか感想とか。ご注意ください

主人公は、ミュージシャンを夢見るギターの少年ミゲルくん。口元、左のところにほくろがあるのです。速攻、ユノー!って思ったよねw

ミゲルくん、自分のおひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャンだとおもってたわけなんですが、まぁそうは問屋がおろしませんw
実は、ヒールで(っても、わかりやすいヒール顔だけど)いろいろあったけど、大団円で、涙が止まらず。

5回泣いたよね…

死者の国の住人は、生きている国で忘れられると<死者の国>からも消えちゃうっていう(二度目の死)のところ。
ひいひいおじいちゃんとわかったとき。奥さんとのところ(歌とギターのコラボ)、そして、ミゲルくんがリメンバ―ミーを歌って、ひいおばあちゃんが大切に取ってたお父さん(ひいひいおじいちゃん)の写真を出してきたときがマックスでした…

イヌマルの中で、三大涙した映画にエントリーされました。

エンディングで、亡くなったじぶんのおじーちゃんとかおばーちゃん。病院でがんばっているおばあちゃんとかいろいろ想ってまた泣けてしまった。

自分がいるのは、先祖のおかげって、感謝の気持ちでいっぱいになる映画。
エンディングで、今までの人たち(たぶんピクサーとか、アニメとかかな?)に感謝するって言葉もあって、またぽろぽろしちゃいました……反則…ッ!!

歌もあちこちにちりばめられてて、鮮やかなオレンジとか蛍光グリーン、ピンクが印象的。メキシコの死後の世界、死者の国の詳細は知らないけど、違和感なくするりと中に入ってきました。登場動物も鮮やかでめんこい…!

素敵な映画でした。元気ない時に観たい映画。ディズニーさん、ピクサーさん、ありがとう!!

次に見たいのはこれーーー!!

旅行で遊びにいったオアフの「クアロアランチ」で撮影されたとガイドさんから聞いて気になっていたのですが、予告でもそれらしき風景がたくさん出てきてて、テンションあがりました。絶対に観る~~~~!!!!

クアロアランチの撮影場所(たしか)

週明け、観てきます!!!

お付き合いありがとうございました~

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)