お出かけ(赤坂見附の豊川稲荷東京別院さん編)

メリークリスマース!!
家族と、友達と、恋人と、知人とあったかく過ごせている人がたくさんいますように!

韓国旅振り返り中なんですが、
お邪魔した神社仏閣の振り返りは年内に完了させて新しい年を迎えたいので、
秋にお邪魔した豐川稲荷東京別院さん、明治神宮さんの思い出を振り返ります~
まずは豐川稲荷東京別院さんから。

豐川稲荷東京別院さんへ

イチョウの黄色と空の青さのコントラストが素敵な秋の日、
赤坂見附にある「豐川稲荷東京別院」さんへお邪魔してきました!

空の飛行機雲がたなびいて、イッタンモメンみたい…

土曜の夕方お邪魔したので、おまいりされる方ひっきりなしでした。

そして、豐川稲荷東京別院さん。

稲荷という名前がついているので、神社だと思いきや…

お寺!さん

でした。

違うこともあるんだな……
自分の常識は正しいものなのか、改めて考える機会をいただきました。

豐川稲荷東京別院さんとは?

豐川稲荷は正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺」と称し山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。
一般的に「稲荷」と呼ばれる場合は「狐を祀った神社」を想像される方が多いと思われますが、 当寺でお祀りしておりますのは鎮守・豊川ダ枳尼眞天です。

豊川ダ枳尼眞天とは、昔、順徳天皇第三皇太子である寒巖禅師が感得された、霊験あらたかな仏法守護の善神です。 豊川ダ枳尼眞天が稲穂を荷い、白い狐に跨っておられることからいつしか「豐川稲荷」が通称として広まり、現在に至っております。(豐川稲荷東京別院ホームページ

と のこと。

お祀りされているのは、豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)さま。
白い狐にまたがっているいらっしゃる神さまでした。

境内内には、あちこちに狐さんがたくさんいます。
そして、たくさんの神さま、七福神もいらっしゃいます!
広いのでもう一回しっかりお詣りさせていただきたいところ。

まずは本殿。

両サイドの狐さんがりりしい。


本殿の中にも上がれるようだったので、次にお邪魔した時には中までお伺いしたいです。

しっかりとリアルなお願いごとさせていただきました。
叶ったらお礼に(いえ、叶わなくても)またお伺いします!!

広い境内なのですが、たくさんの神さまがいらっしゃるので、ぎゅぎゅっと詰まった密度が濃い感じ。

あちこちお邪魔しながら、「三神殿」と呼ばれている三つの建物へ。
参道があるんですが、両サイドに

ずらりと並ぶ狐さま(狐さんじゃなくて、もう狐さま、って感じ)たちが…!!
圧倒されちゃった…
お邪魔します、としっかりご挨拶して中へ進もうとおもったら…

右手の狐さまの一列に可愛こちゃん発見!!

頭に葉っぱが乗っててほっこり。

両サイドの狐さんたちに軽いノリで遊びにきちゃだめなんだな…と背筋を正していただんですが、この狐さまにちょっとだけ安心感いただけました。

三神さまにお詣りさせていただきました。
いぬまるたちはお賽銭だけだったのですが、地元の方はお揚げとお餅をセットで奉納されてました。なるほど…!次は買ってこう。

本殿でもそうだったんですが、お邪魔したのが夕方だったということもあり太陽が落ちてきてたせいもあって、お詣りすると左側から光が差し込むんですよね。
目を閉じてお願いごとしてても左からパーッと光で明るく。
お祈りした内容、聞き届けてくれるには、自分もしっかりお願いごとに向けて頑張らないといけないんだな、と思った次第。

よっし、がんばろー!!

御朱印

御朱印もいただいてまいりました。

達筆!
しっかり頑張ります!

豊川稲荷東京別院:アクセス

赤坂見附駅からは10分ぐらいかな?
近くに有名なケーキ屋さん(しろたえさん)もありますが、メッチャならんでました。

2018年もお伺いします!

★ハッピークリスマース★

お付き合いありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)