【WDW&UOR】2019SUMMER新婚旅行D3-6(絵本作家『ドクター・スース』を初めて意識する)

ザ・キャット・イン・ザ・ハット。入り口がハット!!旅日記

新婚旅行3日目。USFで遊べる最終日、ジュラシックワールドのブルー(たぶん)とグリーティングにぎゃーと叫びながら、次のエリアへ。到着したのは絵本の世界。世界的に有名な『ドクター・スース』の世界に入り込める『スース・ランディング』です!

絵本の世界へダイブ!Seuss Landing(スース・ランディング)

※2020年5月現在、ユニバーサル・オーランド・リゾートは新型コロナの影響でお休み中…早く落ち着いて普通の生活が送れるようになりますように!(一部商業施設は6月14日から再開したようです)

ドクター・スースという人物

この旅て初めて知った『ドクター・スース』。アメリカでは超有名な絵本作家さんなんだって…。

スース、って言いにくくて、ついスースーって二回読んじゃう…ごめんなさい。ペンネームの由来はWikiによると『動物園の飼育員だった父親が、獣医になって欲しかったことにちなむ。』らしいです。

どんな作品を描いた方なのかしら、と調べてみたら。

映画『グリンチ』 日本語吹き替え版本予告編

グリンチ!!

ちょっと前のTOHOシネマズの前段にも出てたあの緑の子!!を描いた方でした。

How the Grinch Stole Christmas! Pocket Edition (Dr. Seuss)

なるほど~~!!

あと、作品のタイトルだけ見たことあった

Dr. Seuss' The Cat in the Hat – Trailer

ハットしてキャット

ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]

この猫さん、リアルで怖い…いぬまるのなかでは、マクドナルドのドナルドさんカテゴリーです…

The Cat in the Hat (Beginner Books(R))

『ハットしてキャット』は邦題で、英語の原題は『The Cat in the Hat』。この翻訳されたかた、ナイス~~~!!!

そして、この『The Cat in the Hat』のライドがユニバーサル・スタジオ・オーランド(USO)のアイランズ・オブ・アドベンチャー(IOA)にあるよ!(長い前ふりだったw)

『スース・ランディング』は絵本の世界が再現されています

絵本作家ドクタースースの世界が表現された『スース・ランディング』

スース・ランディングエリア。絵本作家【スース・ランディング】の世界を体験!

鮮やかなオレンジとイエロー、ブルー!

スース・ランディングエリア。髪の毛がボンバーな子達。気になる…!!

そして、矢印も可愛いわ~なんておもったら、柵の中に四体のもさもさが…!!これはカットしがいがある…!可愛い…( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

この子もスースが作り出したキャラクターだよね、きっと

The Cat in the Hatのライド

The Cat in the Hatのライドは赤と白のストライプ帽子が入り口になってます~フロリダの暑さにいぬまるのスマホが熱暴走をはじめ…写真が白くなってる…orn

スース・ランディングエリア。ザ・キャット・イン・ザ・ハット!アメリカではめっちゃ有名らしい!
ザ・キャット・イン・ザ・ハット。入り口がハット!!
スースファンが多いエリア。スースのキャラクターとかロゴをモチーフにいたティシャツをカップル、ファミリーで着てます。アメリカ人ってファミリーで合わせるのがすきなんだなって思ったエリア!(そしてそれは次のデイズにーワールドでも同様!)

建物の中は、絵本に入ったような幻想的な世界。ソファに乗って、れっつごー!!

ザ・キャット・イン・ザ・ハットのライド。ソファにのって絵本の世界へ…!ちょっとばかしダークなんだけど、気のせいかな;
ザ・キャット・イン・ザ・ハット。ちょっとシュールじゃない?このキャラクターの男の子と女の子。そして眠そうなバード…!!

ディズニーランドのぷーさんのように絵本の世界を乗り物で、中をのんびーり回るんですが、色味がちょっとまがまがしいかった…

キャットさんがいたるところにいるわけなんですが、プーさんと違ってそれがまた怖い…色味なのかしら??見てるうちに味が出てくるやつなのかしら?!

あまりにも気になるから、絵本買いました。きっとこれで世界がわかるはず!

The Cat in the Hat (Beginner Books(R))

この赤い服を着た子たちもめちゃきになるんだけど…人気なのかしら?!

Dr Seuss Thing 1 Thing 2 Edible Icing Image Phot

この子達の胸にある丸数字のプリントを着たペアルックなファミリーが多かったなぁ~~~ディズニーワールドでも思ったけど、アメリカの人たちは家族で、グループで同じティシャツ着て楽しんでる人が多かったです。おじいちゃん、おばあちゃんも!素敵だわ(^^)

コロナが落ち着いたら、甥っ子たちをディズニーランドへ連れていってあげようとおもうけど、父母も一緒に連れて行こうかな~。父母は、開園したばかりのディズニーランドに私と弟を連れて遊びに行ってから行ってない気がするな…よし、そうしよう!!

ちょっと調べたら、三世代ディズニーっていうコンテンツをディズニーランドの公式サイトに発見。これ参考しよう!

ショーアトラクション『ポセイドン・フューリー』

古代遺跡のような大きな建物の中にある『ポセイドン・フューリー』は、水の演出たっぷりのウォークスルータイプのアトラクションでした。

ポセイドン・フューリー

ガイドブックによればポセイドンの古代寺院遺跡のイメージらしい。

確かに!荘厳な雰囲気の大きな建物でした。

ウォークスルータイプのアトラクションなので、まとまって人が入るので、並び時間がほとんどなく中へ入れました。外はからっとしてるものの、めちゃ暑いので中に入れるのはありがたい~。ただ、中は座るスペースがなくて残念だったけど~

アクターさんが進めるお話にあわせていくつかのエリアを歩いて進んでいきます。お話は水の王様との戦いに巻き込まれて戦いに勝つ!ってかんじかな?英語だったから、めちゃざっくり~(w)

ガイドブックにストーリーが載ってました!!

暗がりの海底を進むと考古学者と出会う。謎の寺院の奥深くまで連れ去られ、古代の神ゼウスとポセイドンの激しい戦いなどを見せてくれる

るるぶオーランドフロリダ

あの最後の激しい戦いはポセイドンVSゼウスだったのね…!!水の演出が迫力ありました。3Dとかライドが多いパークの中で、ウォークスルータイプは珍しくて、却って新鮮(^^)

一旦この辺で区切り! お付き合いありがとうございました~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました