【ワイキキ】2018年2月Aloha!2人旅4Day2(ダイアモンドヘッドへの道★編)

カピオラニ公園に設置噴水。鳳凰を戴いてるので「鳳凰噴水塔」と呼ばれている 旅日記

ダイヤモンドヘッドへの道のり

ハワイ滞在日程で、一日遊べる最終日。
朝ごはんでお腹を満たし、ダイアモンドヘッドへ向かいます!

登山!ってことで。登りやすい格好、ジャージぐらいラフな上下、スニーカー、帽子にリュック。そして、ペットボトルを持ってきました。

乗るのは水色レアレアトロリー

ダイアモンドヘッドには水色のレアレアトロリーで向かいます~

水色のレアレアトロリー「ダイヤモンドヘッド/カハラモールライン」の始発は朝9時です。

レアレアトロリー水色ライン

もっと早く行くならば、直行するエクスプレスとかがあるだけど、ホテルからは少し離れてるので断念…こういうときは、ワイキキビーチ近くのホテルの方が便利だなって思います

 

ダイヤモンドヘッドへのルートはこんなかんじ!レアレアトロリー水色ライン地図

(画像はHISさんからお借りしました)

 

ロイアルハワイアンセンターから、デュークカナハモク像、ホノルル動物園、ワイキキ水族館を通り、いくつかのビューポイントを通ってダイアモンドヘッド登山口へ向かいます~★

バス乗車時間は、ロイヤルハワイアンセンターからダイアモンドヘッド登山口まで20分ぐらいです。

ダイアモンドヘッドへGO~

トロリーの乗車率は70%ぐらい。ガイドさんも同乗してくれるので、いろいろ勉強しながら向かうことができます。ありがたい。

 

ワイキキビーチを左手にバスは進みます!
デュークカナハモク像の前のバス停はいろんなレアレアトロリーのライン、その他のトロリーを待っている日本人が多い~ほっとする~~w

ワイキキビーチ。デュークカナハモク像 ワイキキビーチ。

左手は海、右手は公園~

 

そして!見えてくるのは、目指す「ダイアモンドヘッド」!!カピオラニ公園のところで、運転手さんがバスをすこーしのろのろ(ほぼ停まってるw)してくれて記念写真を撮れました。カピオラニ公園に設置されている噴水。鳳凰を戴いてるので「鳳凰噴水塔」と呼ばれている。日本人が作るのに尽力

ちなみに!この噴水かな?違う噴水かもなんですが、このカピオラニ公園に設置されている噴水。鳳凰を戴いてるので「鳳凰噴水塔」という噴水、ハワイの在留邦人のみなさんがが大正天皇の即位を記念して寄付したんだとか…すごいな…。
今年2018年で、ハワイ日系移民150周年。遠くに離れても天皇さまや国のことを想う…胸が熱くなりました。

 

 

日本の芸能人の別荘もあるらしいエリアを通り、山に向ってゆるい坂道を上がっていくと灯台が見えます★
ダイアモンドヘッドへの道。灯台が見えた ダイアモンドヘッドへの道。 ダイアモンドヘッドへの道。クジラいないかなぁ

ちょうどこの時期(2月上旬)はクジラが戻ってきてるらしいです。いないかな~って探したけど見つからず…

 

海側からぐるっと半時計回りで上がっていきます。

ダイアモンドヘッドへの道。少しずつあがっていきます ダイアモンドヘッドへの道。少しずつあがっていきます ダイアモンドヘッドへの道。少しずつあがっていきます

 

 

ダイアモンドヘッド入口。看板が見えます~
ザ・バスのバス停でバス待ちしている方もちょこちょこ。ここからダイアモンドヘッドへ向かうのはちょっと歩くかなぁ…ダイアモンドヘッド入口看板

 

 

見えてきたトンネル!!

ダイアモンドヘッドへの道。このトンネルの先にあるのは…

ダイアモンドヘッドへの道。このトンネルの先にあるのは…

 

 

トンネルの中、結構ごつごつしてます。岩をくりぬいてる感じ?日本のトンネルはコンクリートとかで整備されててむき出しの岩みたいなのみたことが記憶にないので、ちょっとドキドキ…ダイアモンドヘッドへの道。トンネルの中!

ダイアモンドヘッドへの道。このトンネルを抜ければ!

 

トンネルを抜けたら~~~~~

 

 

雪国…じゃなくて、ダイアモンドヘッド!もう少しです。ダイアモンドヘッドまでもう少し

 

駐車場へ到着ー!!

ダイアモンドヘッド駐車場。お天気、回復!

ダイアモンドヘッド駐車場。お天気、回復!あの山かな!?

海を観てた頃はどんよりしてて、雨具必要だったかなって心配してたんですが、ダイアモンドヘッドへ近づくにつれて青空が見えてきました。
ちょっと肌寒い感じだったけど、登山にはちょうどいい感じの気温~。

 

 

 

ダイアモンドヘッドの料金所。大人1人1ドル

見えるのが料金所。トロリーを降り、スニーカーの靴ひもを結び直し、入山料一人1ドルを手にもって、レディーゴーーーッ!

 

長くなっちゃんで、一旦クローズ。
お付き合いありがとうございました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

コメント