【ワイキキ事前準備】2018年2月Aloha! ハワイ2人旅(必要申請編)

旅日記

韓国振り返り中なんですが、念願のハワイ旅、決まりましたー★

やったー!!

そんなわけでイヌダー君とアロハ~はハワイ旅計画中です。
行く前にウキウキを高めて、望むと楽しさ二倍二倍ッ!
忘れないようにまずはヤッタことメモメモ。
まずは事前にやらねばならないことまとめ。

ハワイ(オアフ島)6日間

今回の旅の日程は6日間!
会社の冬休みでもない時期にお休み三日半いただいて行ってきます★

ハワイといっても、ハワイは4つ島からできてるんですけれども~
今回はオアフ島に行ってきます^^
ハワイ島も気になったけど、そちらはまた今度ね。

メンバーは

時差がある海外初めてのイヌマルと、小学校の時にハワイ経験ありなイヌダーくんの二人。

not ハネムーン!w

 

本当の新婚旅行行くなら、イタリアとかスペインに行く!と決意新たにしております。
(今年の目標に入れておこっかな!)

 

ハワイ旅行の事前準備しなくちゃいけないこと

ハワイ行くのにしなくちゃいけないこと。

 

・パスポート申請 
⇒ これないと日本から出れないからね。
いぬまるもイヌダーくんも有効期限も大丈夫なパスポートあるので対応ナシ。
(とはいえ、有効期限ぎりぎりだと申請ができないので気を付けないと…)

 

・ツアー申込(飛行機チケット&お宿)
⇒ 個人旅行も憧れるけど、初めての場所なので、ツアーにします!
パンフレット20個ぐらい見比べて、予算と日程諸々検討。
結果、今回はANAの「ハローツアー」にお願いしました。

特に決めるのに時間がかかったのは、泊るホテル!

<ホテル候補>
5つに絞り込みするまでに1週間…

1)プリンスワイキキ(Prince Waikiki)
2)ハイアットセントラルワイキキビーチ(Hyatt Centric Waikiki Beach)
3)ハイアット プレイス ワイキキ ビーチ(Hyatt Place Waikiki Beach)
4)ロイヤル ハワイアン ホテル(The Royal Hawaiian, a Luxury Collection Resort)
5)ダブルツリー バイ ヒルトン アラナ ホテル ワイキキDoubleTree by Hilton

とまぁ、見事に全部ホテル名に「ワイキキ」つくんです。

決めながら、話をしながら、途中、脳内がこんがらがる…TT
ホテルの名前、カタカナばっかりで、パンレットも目がすべるすべる…

ネットもあれこれ見比べたり…

もう全部どこでもなんでもよさそう~ダーツで決めるか!

みたいな感じになりかけたんですけれども(もちろん冗談です)

 

最終的には。
リニューアルしたばっかりで、見晴よさそうな!!

プリンスワイキキ(Prince Waikiki)」さんすることにいたしました。

 

ANAハローツアーから申込みすると~
・1泊につき2本のボトルウォーター
・ホテルのシャトルバス(ホテルとワイキキ・アラモアナ間)無料
・市内通話無料、国際電話1日60分まで無料

市内通話は使わないかな~っておもうけど、国際電話は使う可能性もあるから有りがたい。

それからプリンスワイキキの場合は、リゾートフィーが含まれる…ってパンフレットには書かれてます。

リゾートフィーってなんぞや??

宿泊料とは別途請求される施設使用料のこと。ハワイの多くのホテルで導入されており、アメニティフィーなど、呼び方はホテルによって異なります。たいていはチェックイン時にルームキーなどと一緒に、リゾートフィーに含まれるもののリストをもらえますのでチェックしてみましょう。
JTB:初めてのハワイ

なるほど~。
ホテルによって色々っぽい(Wifiとかトローリーバスとかね)

まぁ、プリンスワイキキは別請求ないよってことで。
…ってことは、その記載がない場合は、追加請求されるってことよね?
なるほど…一つ勉強になりました。

あとちょっと心配なのはチップ制度~~~
慣れない…のでその辺も事前に勉強しておきたい所存。

 

・ESTA(エスタ)申請

アメリカ入国に必要な申請。

ESTAってなんだろう?って詳細は、在日米国大使館によると…

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム渡航者は、ESTA申請時には、14ドルの申請料金を支払わなければなりません。費用はESTA申請サイトを通してクレジットカードで支払うことができます。

 

上含めての説明が、在日米国大使館・領事館のホームページにあります~★

ふむふむとページを読み進めてOKであれば。

ページの上の方にあるリンク(赤の点線で囲ってあるとこ)クリックでアメリカの「ESTA申請公式サイト:https://esta.cbp.dhs.gov/esta/」へGOできます。

 

リンク先の「ESTA申請公式サイト」。
どどーんと出てくる「自由の女神」の写真!!

説明、日本語でよかった~~~!!!

ページの右上に言語切り替えボタンあるので、もし万が一日本語じゃない言語だった場合は選び直すだけでいいんですけれも……英語だと格段に壁ができるじゃんね…。

 

このページの新規の申請。
私とイヌダー君、まとめて決済したいのでグループによる申請を選びました~

 

最初、個人の申請からやっちゃってもう一人分どうするんだ…って思ったよね…
説明書よく読まないダメな子の典型、いぬまるです…
(まとめて申請する場合はグループ申請にて!)

 

申請自体はパスポートを見ながら内容を読んでいけば大丈夫かな~。
ただ、

・英語表記で住所書かないといけないとか
・直近の会社連絡先、何かあった時の連絡先、滞在先(ホテル)の連絡先の入力アリ

とか。意外と入力項目のボリュームも多い!

2人分で1時間ぐらいかかりました…

電話番号、国際電話なんて掛けることないからもうあってるの、これ…みたいな感じだったんですけれども。ガイドブックに載ってたので助かりました…

こんな感じ。

 

そうそう!!
特筆すべき点として…

 

サイトの動きがすごい重いよー重すぎるよー…

(夜中に申請したからかなぁ…アメリカの人たちが動き出す時間だったからかしら…)

 

キモチ的にも、時間的にも余裕があるときに申請はすべきだとおもったよね…

 

最後に、クレジットカードで申請毎に14ドルの費用が徴収されます。

※クレジットカード(マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー (JCB、ダイナースクラブ)またはペイパルでの支払いが可能!

 

二人だから、×2で28ドルで決済完了でした★

 

ESTA申請は二年間有効とのこと(パスポート期限に注意ですが)
まぁ私のパスポート来年、切れちゃうので…またアメリカに行くということなら再申請しないとです…

 

肝心の申請結果。
回答は申請したページで72時間以内に回答。

とのこと。

私のグループの場合は翌日夜には(24時間後)にはOK出てました。
時期とか項目の答えとかにもよるのかなぁ?
申請許可が出た書類も出力して、念のために用意して持ってこうと思います。
(ググると提示はいらないって記事がたくさんなので大丈夫だと思うけど)

 

っと、事前準備だけで、長くなっちゃった><
オプショナルツアーとかはまた後程★

お付き合いありがとうございました!
次はまた韓国振り返り戻りたいです~

 

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

コメント