2017年10月韓国二人旅その23(昔の韓国へタイプトリップ編)

韓国三泊四日旅。三日目夜。
HERAエステさんで元気を若干取り戻した我々…今回の韓国旅の最後の夜だもんね、もうちょっと満喫しようぞー!
ってことで、明洞の夜の街をラスト探索開始ー!

明洞最後の夜は…

明洞にあるダイソービルへお邪魔して、お土産探索。チョルチンNはとてもイキイキ。

そして最後にもう一回、行けるかな~お腹すいてないけど、お茶だけだめかな…ってことで!!

再びの…

明洞 MOM ハウス(MOM House)】さん!

じゃんねんながら、お店はクローズしてました。何時までやってるのかなぁ…

夜ご飯はここでいただくってプラン、次回は入れよう!

韓国文化体験スポット「南山コル韓屋マウル」

そして我々が次に向かったのは~~

「南山(ナムサン)コル韓屋(ハノッ)マウル」

明洞からも歩けるし、お宿の「ティーマークホテル(Tmark Hotel Myeongdong)」さんにも近い。

そして、今回の旅に行きたかった目的「北村韓屋マウル」にはお伺いできなかったから、ちょっとでも韓屋をみてみたかった~

「南山コル韓屋マウル」の場所はこんな感じ。

1998年オープンの「南山コル韓屋マウル」。韓国の伝統家屋・韓屋を観覧が無料!素敵な庭も常時無料らしい。

施設がある辺りでは、朝鮮時代(1392年~1910年)に小川が流れる避暑地として文化人たちに愛されていて、当時の美しい景観を再現したんだとか(コネストさん受け売り)

まぁ、

私たちがお伺いしたの、

夜だったからお庭とか全然見れなかったけどw

南山コル韓屋マウル、探検開始っ!

駅からはゆるーい上り坂。

見えてきた入場門!ライトアップされてます!

まだやってた!テンション上がる↑

営業時間は22時まで。ぎりぎりやってます。ラッキー★

門をくぐって右手にあったお堂へ続く道(たぶん)。

知らない異空間に連れて行かれそうな予感がしたので(いやただもう終わってるだけだろうっていう話)、お堂の方には行かず仕舞い。

右奥に見えるは、緑にライトアップされているソウルタワー。綺麗~

入場門入って左側の広場では催しの片づけが進んでました。清掃トラックもガガーッと勢いよく通っていきますw

イベントをいろどった(おそらく)イベントパネル!ゆるい!

舞台も!ここでいろいろなにかが、披露されてたはずw

そして、進んでいった先。この南山コル韓屋マウルの全体像が見える案内図、発見!

朝鮮時代の両班(ヤンバン、貴族)から庶民の家まで、韓屋が集まった伝統家屋エリアの説明あり。ソウルに点在していた家屋を原型に近いかたちで補修・移転したものもあるっぽい。

この門の先にきっと素敵な韓屋が~よし入ろう!

ってところで、中からスタッフさんが出てきました。韓国語を話すスタッフさんとめっちゃ日本語でコミニュケーションをとる我々。どうやら、もうクローズな模様(>_<)仕方がない。

立派な入口、門を見れただけでもラッキー。立派な門は韓国時代劇のドラマでよくみる作りで、見慣れたかんじのものだったので、身近で見れてよかったー(^^)

ちょっと昔の韓国にタイムトリップ~完了★次はここで、開催されてる韓国の茶道体験してみたい(^^)

こういうことしたいな~っていうのが、また次の楽しみになるよね★

南山コル韓屋マウルへのアクセス

駅でいうと地下鉄4号線「忠武路(チュンムロ)駅」4番出口から徒歩5分。
ソウルタワーを右奥にしてまっすぐって感じ。

お付き合いがとうございました~
もう少し韓国振り返り続きます~!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)