日常あれこれ(献血行こ~@有楽町献血ルーム編★)

西日本豪雨、早く落ち着きますように…

そうだ、献血いこう

献血する派いぬまるです。

今年4月にお邪魔した秋葉原献血ルーム。比重が足りず…成分献血も全血もできませんでしたが、7月7日。

ちょっとでも何かできることを~~ってことで、献血ルームへ!

有楽町献血ルームはホテルっぽかった

今回お邪魔したのは、有楽町の献血ルーム。有楽町の駅前(マルイ側)の東京交通会館6階です。

前回お伺いした近未来的マンガたくさんな秋葉原献血ルームとは違って、有楽町の献血ルームは

優雅なホテルのラウンジ風でした

女性の方も多かったです。献血できた場合は、アイスクリーム(レディボーデン)もいただけます!!うれしいわ~~(※できた場合ね)

今回は予約もしないで行ったので、全血で申込み。

血圧を測り、先生の問診があって、試練の事前検査…

今回は比重足りますようにッ!!!!!!!!

前回の献血ができなかったお話はこちら

いぬまるは若干血管が細いようで、毎回両腕を出して本チャンの採血はどちらからするか確認していただくのですが…

「どっちも血管、出てないなぁ…」

な、なにぃ…!!

よぎる不安。

暑かったから、この献血前に冷たい飲み物を飲んでいたのでした…やっちゃった…
(冷たいと血管が収縮しちゃうので献血前はあったかいものがおススメです★)

「ちょっとあっためましょう~~」

ってことで。

あっためて血管を出すべく、両腕にほかほかのカイロを挟み、温かい飲み物を飲みました…
涼しい部屋だけど…やっぱり熱い飲み物を飲むと暑いよねぇ…

かなり体を温めて、再戦…ッ!!!!

同じ看護婦さんに血管を再確認していただき、血管出てますよ~と言われてほっとしたものの。

勝負はここからなんです…ッ

お隣では、女性が同じように事前検査を受けていて、比重が12.1…。献血ができる12.5に満たず、今回は残念ながらと看護婦さんに告げられていました。

うううううう、辛いよね…
やる気できたのに、できないなんて…TT

そして、緊張感でごくりと唾を飲み込む事前検査。

血を注射器で取られるわけですが、本当痛くない…去年ぐらいまではちょっとちくってするかなーって思ってたんだけど、前回の秋葉原でも思ったんですが、本当に事前検査いたくない…

針が進化してるんだろうな…すばらしい!!!

回りでは痛いのが嫌だという面々が多いので、もっと痛くないアピールしたらいいのに、って思います。ちなみに、イヌダ氏はそのタイプなので、献血している間、有楽町で買い物をしてましたw

そして、検査結果。

「今回はギリギリ12.5!できますよ~~~~~」

。o.+゚。(′▽`o人)≡(人o′▽`)。o.+゚。♪

嬉しい!!!

看護士さんと嬉しくてキャーキャーしちゃいました

そして、400ml献血。しっかりさせていただきました。温めたのがよかったのか、いつもよりも早く、15分ほどで終了!

しっかり水分を補給して、20分ほど休み、清々しい気持ちで献血ルームを後にしました。

できてよかった…誰かのお役にたちますよーに!

次は成分献血、トライしたいところです。

冊子NT「日赤東京」

献血終わった後にいただく冊子とスタンプラリーカードなるものを頂きました。

スタンプラリーカード。貯まると何かいただけるのかしら…?来年2019年3月末まで有効のようなので、あと数回は成分献血含めてチャレンジしたいな、と思います。

そして、冊子の方。特集は防災について。
今まさに大変な大雨、そして先月の大阪の地震もあって熟読。

どの記事も興味深かったですが一番はこれです。

震災時のトイレ対策。これはしっかりと覚えておこうと思います。

大きな地震がきたら、そのままトイレを使わない!

これ、とっても大切なことです。

流れないトイレ、掃除するの想像するだけで辛い…冊子の中で、震災が起きて6時間のうちに人はトイレに行くことが統計出ていて、トイレ問題は迅速に対応すべきことでした(納得…)

流れるかどうかわからないなら、流れない想定で準備をしてその上にすればいいわけで…流れる想定でトイレをしてはいけないのです。

トイレが流れない、トイレが詰まる…
そして、トイレに行くのを控えるために飲み物ものまなくなったりする結果、体調を崩してしまうわけで…勉強になりました。家にある携帯トイレは1つだけなので、もう少し用意しておかないとな、と思います。
(実家だったら最悪、畑とかあるけどさ、都内だとどうしようもないもんねぇ…仮設トイレも、ドラえもんがいるわけじゃないからすぐにはできないし!)

関連サイトもじっくり読みたいと思います。

そしてもう1つ。夏の水難事故。これも興味深かったのでご紹介。

大人の方が多く犠牲者がでているという統計に驚き…
大人も泳げるからと言って過信はダメ!

上の写真にも載ってますが…

水に落ちてしまったときは…
衣服と靴を味方につけて助けを待とう!!!

・顔は真上に向ける。空を見よう!

・両腕は頭上に伸ばした姿勢

・衣服や靴は泳ぐのには邪魔だけど、呼吸をするため浮くには、心強い味方になる

そんな事態になることなんて、想像がつかないけど、いつどうなるかわからないわけで…これも勉強になりました。

我が家になにも用意がないことがやばいぞ~ってことで、早速。防災グッズを注文しました。



今、オーダーしても、届くの10月末!
届くまでは、間に合わせだけど、できる範囲で用意する予定です。
冊子にも書かれてたけど、震災の時は、非常時で全員まで手が回るには時間がかかるし、自衛が大切です。
お付き合いありがとうございました~★

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)