お出かけ(映画『本能寺ホテル』)

おはくまーッ!いぬまるです。
久々に映画を観てきました!
何を見てきたか、というと。

EXOのシウちゃん(シウミン)が主演している
映画「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」も、気になってはいるのですが、
去年から気になっていた

本能寺ホテル!!


敵は本能寺にあり!

1月14日公開の「本能寺ホテル」。
公開して二週間ほどたってますが、行った映画館は、ほぼ満席で一番前の席しか取れませんでした!大人気。日曜日の夕方の一回だけだった、というタイミングもあると思うのですが、綾瀬はるかちゃん人気なのか、堤さん人気なのか、それとも、みんな織田信長が大好きなのか。
気になるところです。

ちなみにイヌマルは、はるかちゃんが観たくて行きました!!

映画【本能寺ホテル】所感

ネタバレになるので、詳細は控えますが、個人的感想としては、
織田信長さん、さすがってところ。
あの金平糖屋さん、京都の有名なあのお店をモデルにしてるのかな?ってところと、風間さんと近藤さんが非常に素敵な配役で、はるかちゃんがかわいかったというところです。

ぶりぶり~~~

ってやりたくなりました。

「海賊と呼ばれた男」ではちょっと露出少なめだった綾瀬はるかちゃんでしたが、
今回はもちろん!主役なので、
満喫!堪能!させていただきました。

綾瀬はるかちゃん、お洋服のせいもあって、お胸が大きくてきれいな形でした。
嗚呼、めんこい。

途中、泣いちゃったりして、最後もなるほどね、といい映画だったわぁ…と
しみじみ終わったのですが、
一緒に観に行ったイヌダーくんは、いまいちフィットしなかった模様w

動画の「本能寺の変」

頭の中で、本能寺の変、1582年でしょ!
家臣にしばかれる話で、みんなのなまえで、ハゲって呼ばれたんでしょ。
織田さん30しか兵がいなかっんだよね。ティーパーティーでw
っていうあれですね。
頭の中で、ずーっと映画みながら、これが流れてました。
有名なyoutube動画。

エグスプロージョンさんの踊る授業シリーズ「本能寺の変」

最後の「諸説あり」に、映画のことを思い出して、
ちょっと泣いた。

詩吟で本能寺の変

ちょっとだけ日本文化「詩吟」に触れているのですが、一度やってみたかった題目。
「本能寺の変」でございます。
男性が勇ましくやるのが、かっこいいところ。

「敵は備中に在り、なんじ能く備えよ」で結ばれるんですが、
勇ましくやって終わるイメージがあるのです。
でも、映画を思い出して、勇ましくよくやるよりも、哀愁というか、淡々と諭すようにという表現のほうがいいのかな、と思った次第。

ドラマで本能寺の変

そして、最近!イヌマルがもっとも!もっとも気になっているドラマ。

それは、NHKさんで放送されている空想大河ドラマ

「小田信夫」でございます。

織田信長と同じ時代に生きた架空の戦国武将「小田信夫」をネプチューンの堀健さんが演じていてます。ブレーンとして、同じくネプチューンのはらださんとなぐらさんが一緒に演じてるのですが、コントのようなノリが面白い。

映画みながら、堀健さんの小田信夫を思い出しちゃって、
堤さんとの対比に笑いこらえるのが大変でしたw

空想大河ドラマ「小田信夫」は全四回、15分のドラマです。

とまぁ、いろいろ小田信夫…ちがう、織田信長さん関連のあれこれがあったので、
別の意味でも「本能寺ホテル」楽しんでしまいました。

次の映画は「ラ・ラ・ランド」を予定してます。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ

にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)