2017年2月四国上半分ぐるっと!父母三人温泉旅 その弐(本場讃岐うどん堪能編)

おはくまー!いぬまるです。

4月目前!
そして、近くの桜も結構咲いていることに気が付きました。
ちょっと前は咲いてなかったのに…
東京どの辺でお花見しようかな…と思ってます。

さてさて!最近遊んでいるゲームがあります。はい、任天堂Switchです!
イヌダーくんに便乗してプレイさせてもらってます。
ゼルダは一緒にプレイできないんですが、このゲーム「いっしょにチョキッと スニッパーズ」がめちゃ面白い。
二人であーだのこーだの、鳥さんを助けろ!とか、カエルくんが可愛い!とかわいわい深夜遊んでます。
いろんな発想ができるゲームです。頭の体操にコミュニケーションにもおすすめ。
スマホゲームに近いけど、画面も綺麗で、どこか懐かしい感じもして、スイッチ、好きです。幻想水滸伝とか出たら遊びたいなぁ…(って私のハードじゃないですけれども!)

と長い前ふりを終わらせて。
四国旅一日目うどん屋さんの振り返りたいとおもいます!

うどん県の本気みた

レンタカー屋のお兄さんにおすすめのうどん屋さんは?とお伺いしたところ、地元の方もよくいくという有名店、「池上製麺所」を紹介してもらいました。

るみばあちゃんと池上製麺所

空の街から池上製麺所さんへの移動は五分ほど。到着したのは、10時少し過ぎ。オープン時間間もないのに、お店の前の駐車場は、ほぼ満車状態。残り2台ぐらいしか余裕なし。朝10時からのオープンで、着いたのが10時と少しだったのに、残りわずか。人気のほどが伺えます!

地元の人と思しき、軽トラックのおじちゃんたちもお店のなかにどんどん入っていきます。
お店前に置かれたメニュー。建物も昔ながらな感じなのですが、この看板の手作り感も素敵です。

店内に入ると、すでに5組ぐらいがおうどんのオーダー待ちしていました。二列になっていて、かまたまと普通のおうどんのオーダー列が別々になっている模様です。
セルフサービス形式(池上製麺所さんのオーダー方法についての詳細はホームページのこちら「注文のながれ」で詳細に書かれてます!)
笑顔が素敵なおばあちゃんに、カウンター越しにおうどんを注文。

ちょっとカウンター前でおうどん出来上がりを待ちました。

お店の奥におうどんの熟成部屋みたいなところがありました。手前にはおうどんを延ばしたり、切ったりする場所も。
まさに「製麺所」って感じです!

出来上がったおうどんを受け取って、お会計。
天ぷらおいしそうだったので、イヌマルはアナゴとかぼちゃをいただきました!

チチハハと三人で1300円ぐらい。小サイズのおうどんということもありますが、激安。すごいぞ、香川のソウルフード!

いざ!さぬきうどん!

お店に入って15分ほど。本場のさぬきうどん、いただきます!
イヌマルがオーダーしたのは、かけめうどん(小)と天ぷら二つ。

つるつるシコシコといいますが、その通り。
うどんはちょっとガサガサしているのですが、つるっと食べれます。
コシがあるってこういうことか…ッ!と思いながら、一気にぺろりと平らげました。
うどんのおつゆも関東とは違って、透明なのにしっかりとお出汁がきいていて美味しい!チチハハも大絶賛してくれたので、大満足。

お店の中、食べるスペースの横っちょの方に、うどんを茹でた水を浄化してますよーというPRしている金魚くんたちの水槽がありましたw

お店を出るとお店の前の駐車場は満車でお店の外に並ぶ人もいました。人気店!早めに行けてよかった!
ご馳走様でした!!
お腹を満たしたので、次の観光スポット、高松市内へ移動します。

池上製麺所へのアクセス

空港からは10分ぐらい。高松空港に帰るに寄って帰るなら、ちょうどいい距離^^
(売り切れ御免、ですけれども!)

今日もお付き合いありがとうございました。
四国旅3に続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)